HOME >> いわ木の想い
生い立ち  長〜いお付き合い

社長挨拶

いわきの家

木が好きで、折にふれ、珍しい木を集めています。
木を見ていると、その木を使ってのプランが色々と湧いてきます。
建築材として木材に勝るものはないと信じています。
木は、種類や大きさ、また、育ち方によっても、さまざまな性質になります。
人の個性のようです。
人と木で「休」と書きます。「木」の「家」で暮らすと人は穏やかになります。
木の家で育った子どもは素直になります。
「家」は疲れを癒し、明日への活力をあたえてくれるもの、生命を育むもの、と考えています。
建てた家を守り続けるためには、林業の活性化と技術を伝承する人材の育成が不可欠であり、これも私の務めと思い、取り組んでいます。
「生命を育み、世代を越えて住み継がれる家造り」それが私の使命です。

有限会社 岩木建設 代表取締役 岩 木 勝 志

生い立ち

 父親(先代)が大工でしたので小さいころから木材の中で育ちました。
中学の頃には自分で鳩小屋も作っていました。中学卒業と同時に大工の見習い修業で他の事業所に入社5年間の修行後、父親の手伝いをするようになりその後、跡を継いで地元で仕事をさせていただくようになりました。
 当初は各建設会社の下請けが多くさまざまな工法に携わっていたので各工法の長所短所が手に取るようにわかりました。
 自分ならより居心地のいい住宅を提供できる、地元の木を使い高断熱で気密のいい住まいをお客様に直接提供したいとの想いから「いわ木の家」を設立しました。
 地元の木を活かし、何年たっても変わらない味が出る、世代を超えて住める家造りが「いわ木」の想いです。


長〜いお付き合い

 新築の家は木の性質により2年くらいしてくると必ず修正が必要になってきます。
 いわ木の家は、その性質を見極めて適切な修正を行います。(アフターサービス)
 修正をその都度行いながらいわ木の家は成長していきます。
 何世代にもわたり快適に住めるようにいわ木の家の職人たちの技術も世代を超えて維持していくことが必要になります。
 いわ木の家は、技術を伝承していくために若者を採用し計画的に養成しています。
 長いつながりは技術だけにとどまらず公私共に深いお付き合いをさせていただいているお客様も多くいらっしゃいます。